大学生が平成最後の夏に自転車で日本縦断した話

8/6~9/2で自転車で日本縦断(鹿児島~宮城)しました。準備やかかった費用、出来事を日記にして綴っていきます。

⑭自転車日本縦断~静岡県浜松市→静岡県富士市~

これから自転車で日本を旅しようと考えている人たちへひとつだけ忠告したい。

 

SHIZUOKA

 

こいつにだけは気をつけたほうがいい。舐めてかかると痛い目を見るぜ、、、

 

筆者がここまで言うのにはいくつかの理由があるが、富士市までの道のりとともに綴っていこうと思う。

 

恒例の松屋朝食セット290円を食べ、浜松を出発。

天下のグーグルマップ先生によると、国道1号線に沿って走っていれば富士市に着くとのこと。

f:id:takumaroon1226:20181231175836p:image

絶対的な信頼を置くグーグルマップ先生の仰せのままに国道を進んでいくと。。。

目の前に現れたのは僕たちに天敵「バイパス」だった。

バイパスは自動車専用の迂回道路なわけだが、自転車はこの迂回道路を迂回しなければならないのだ。

如何せん、山の多い静岡はこの「バイパス」だらけ。自転車で静岡を進むにはバイパスを迂回しながら山道を進まなければいけないわけだ。

これが本当にきつかった。

 

途中の山道で見つけた、静岡の茶畑。

f:id:takumaroon1226:20181231175924j:image

数多の山を越え、日が暮れ始めたところで、やっと国道に合流。

本日も海沿いを走ることができた。

海を眺め、さざ波を聞いているとすごく気持ちが落ち着く。

少しこれまでの旅を思い出しながら、黄昏つつ。

f:id:takumaroon1226:20181231175940j:image

 

海沿いを走り続け、日も暮れた頃、ようやく富士市に到着。

夜ご飯は富士市にある温泉に入ってた食堂のカツ丼セット。

f:id:takumaroon1226:20181231180153j:image

疲れきった身体を温泉で癒し、明日へのエネルギーを大盛りのカツ丼で摂取。

普段、温泉の食堂なんて滅多に利用しないが、なかなかのクオリティ。

というか、普通に涙が出るくらい美味しかった。

カツはかなりボリューミーだし、閉じてる卵もふわふわ。

多少の空腹補正はあったにしても人生の中でも3つの指に入るカツ丼だった。

 

夜は富士市の中央公園で野宿。

次回は神奈川県小田原市まで書きます。

 

 

 

 

 

⑬自転車日本縦断~愛知県名古屋市→静岡県浜松市~

もう、2018年も終わりを迎えようとしている。

このブログも、だらだらと更新していたら始めてから4ヶ月も経ってしまっていた。

この旅からは半年近く経ってしまっているわけで、記憶の薄れぬ内にと、年の瀬に慌ててパソコンを立ち上げた次第だ。

 

さて、今回はきんぐ君と京都を出発してから2日目の話。この旅を通しては16日目になる。

朝一番でネットカフェを出て、松屋で朝食。290円の朝食セットが寝起きの体に染み渡る。

名古屋を出発してすぐ、信号で隣になった女性の方に2000円頂くイベント発生。

この旅をしているとちょくちょくこういう日本人のやさしさの触れる機会がある。

努力をしても結果に結びつかずにふてくされたくなるときもあるけれど、誰かがその努力を見て、手を差し伸べてくれるかもしれない。応援してくれるかもしれない。

なんてことを、こういった出来事があるたびに思う。

 

この日の目標は静岡県浜松市。ひたすら国道1号線を進んでいく。

名古屋市を抜け、知立安城を抜けると、岡崎市に到着。

ちょうどお昼の時間だったので、youtuber「東海オンエア」御用達のまんぷく家」というラーメン屋さんへ。

f:id:takumaroon1226:20181230182154j:image
f:id:takumaroon1226:20181230182150j:image

横浜家系の醤油とんこつベースのこってりスープでにんにくがかなり効いてる。

麺は中太で、こってりとしたスープとの相性は抜群。

 

ただ、猛暑の中自転車を漕いできた自分らにとっては少しこってりがすぎた。

 

腹ごしらえを済ませ、苦しくなりながらも再スタート。

愛知県を抜けると、海が見えてきた。海は神戸以来で、テンションMAX。

立ち寄れそうな海水浴場を見つけたのでひと休み。

この旅で大変お世話になってるポカリスウェット様と広大な太平洋、夢の共演。

f:id:takumaroon1226:20181230182215j:image

日暮れも近づいてきていたので、休憩もほどほどに、急いで浜松を目指す。

 

そして、浜松、上陸。

 

浜松といったら餃子消費量日本一の餃子大国!ってことで夜ご飯は名物の浜松餃子

f:id:takumaroon1226:20181230182237j:image

この円状に焼く車盛りというのが浜松餃子の特徴らしい。

割と生地はモチモチ。具はキャベツの比率が多めで、肉汁のうまみはもちろんだが、しゃきしゃきとしたキャベツの食感も楽しい。

この先、宇都宮も通る予定なので、食べ比べが楽しみだ。

 

次回は静岡県富士市まで。

静岡県って地味な場所にあるけど地味にデカイ。

そんな長い長い、山あり谷ありの静岡の旅について書きます。お楽しみに。

 

 

 

 

 

⑫自転車日本縦断~京都→名古屋~

お久しぶりです。しばらくサボってました。お許しください。

 

鹿児島から京都までの1人旅を終えて、今日から大学の友達「きんぐ君」と2人旅の始まり。

f:id:takumaroon1226:20181130213936j:image

初日は、自転車旅初めてのきんぐ君には鬼畜な名古屋まで約150kmの道のり。

2人だとスピードもぐんぐん上がる。初日でやる気満々の僕たちはあっという間に滋賀県を越えて、昼過ぎには、岐阜県関ヶ原へ。

f:id:takumaroon1226:20181130214004j:image

関ヶ原までの山でパシャリ。登り坂に文句言ってるきんぐ君。

関ヶ原の道の駅で少し休んで、名古屋目指して出発。

f:id:takumaroon1226:20181130214040j:image

しかし、ここからが長かった。

関ヶ原の山を下ると、永遠に広がる田んぼ道。ちょくちょく川を越える橋を探したりで、酷暑の中ぐねぐね走り続ける。

愛知県に突入したくらいのところで、きんぐ君が足をつり始める。

そして、きんぐ君に熱中症のような症状が出始める。。。

道端で少し休憩。

 

この時ばかりは、初日から自分勝手な日程を組んだことを反省した。

35℃越えで初日から150kmはハードすぎた。

 

夜も更けた頃、ようやっと名古屋到着。

f:id:takumaroon1226:20181130214127j:image

本当は名古屋名物のグルメを堪能したかったが、そんな体力もなく、回転ずしでパパっと済ませて、そっこー銭湯へ。

 

銭湯では岐阜から来てた高校球児に遭遇。裸で熱く語り合った。ありがとう。

f:id:takumaroon1226:20181130214359j:image

夜は駅前のネットカフェで就寝。ハードな一日だった。

 

 次回は静岡県浜松市までを綴る予定。お楽しみに。 

⑪自転車日本縦断~尾道市→京都市~

今回の記事では、尾道市から、京都までの3日間をまとめて綴っていこうと思う。

 

理由としては、尾道市から岡山県備前市まで驚くほどに何も書くことがないからである。(笑)

 

尾道市から岡山の備前市まではひたすらにバイパス沿いを、トラック横目に走り続けた。これと言って景色も変わらず、ある意味この旅で一番きつい1日だったかもしれない。

 

夜は備前の温泉と食堂の複合施設(?)で風呂と夕食を済ませた。ここで食べたのも肉うどん。この旅で完全に肉うどんの虜になっている。

f:id:takumaroon1226:20181105184056j:image

備前市の夜は、山の中というののもあり、冷え込んだ。この旅で初めて肌寒さを感じた。同時に8月も後半、夏の終わりも迫ってるのかなあ、という寂しい気持ちにもなった。

 

備前での夜を越え、日本縦断の旅は13日目この日は兵庫県神戸市を目指した。

あっという間に岡山県を越えて、兵庫県突入。

姫路市では世界遺産「姫路城」を外観だけ拝んだ。(入場料高かった。)

f:id:takumaroon1226:20181105184127j:image

しばらく自転車の空気を入れってなかったので、姫路の自転車屋さんで空気を入れてもらうことに。セルフでもよかったのだが、店員さんの計らいで点検も含めてやってもらえた。空気を入れてもらっていると、、、

パアーーーン!!!

僕の後輪が破裂しました(笑)

f:id:takumaroon1226:20181105184208j:image

かなりタイヤもダメージを負っていたみたいで、ここまでパンクしないで来れたのが奇跡と言われた。

 

タイヤ代と修理代が思わぬ出費でしたがなんとか再出発。

そして神戸市に突入。かなり景色も都会になってきた。人も増えて、声をかけられる機会も多くなってきた。この日一番びっくりしたのは、赤信号で隣になった車の窓が急に開いて、運転手のマダムが「お兄ちゃん、頑張って」と言って2000円渡してきたこと。神戸恐るべし。

 

夜は兵庫に住む友人と三宮でご飯を食べ、そのまま泊めさせていただいた。

少し、「ご飯奢ってくれるのかな?」と期待していたが、お門違い。友達は自分の分すら支払えないくらいの所持金だった。結果僕がお金を貸す始末である。

それでも会ってくれて、家に泊めてくれたのですごく感謝してます。

 

14日目。朝イチで友達宅を出て、我が家のある京都へ。「早く帰りたい」の一心であっという間に京都に到着。近所にある二条城を見た時の安心感は半端なかった。

そして、同時にここで「1人旅」は終わり。ここからは、もう一人、友人と北海道を目指します。

 

この旅をひと通り終えたうえで、「1人旅」じゃなきゃできない出会いや経験が間違いなくありました。そして、もちろん「2人旅」じゃなきゃできないそれも間違いなくあって、それについては次回綴っていこうと思います。お楽しみに。

⑩自転車日本縦断~広島市→尾道市~

広島市で朝を迎えたこの日は、昨日であった高校生と待ち合わせをして、尾道市を目指す。

待ち合わせは平和公園前の噴水で。

f:id:takumaroon1226:20181105180056j:image

いざ、2人で尾道市へ向かう。この日は生憎の雨。雨なのでいち早く目的地に着きたいと思っていたら、自転車専用ナビアプリを持っていた彼が近道を教えてくれたので、そのルートを進んでいく。

近道なだけあって、中国地方の山道を突っ切るルートなのだが、雨で視界が悪い上に、地面が滑るのでなかなか進まない。

やっとの思いで山頂付近までたどり着くと、、、

「この先土砂崩れのため、通行止め」

の看板が。5kmほどの山道を必死に登ってきた僕たちにはきつすぎる現実だった。

登ってきた道を下っていき、国道の通る海沿いルートで再出発。

幸いにも雨は弱まってきたので、海沿いをかっ飛ばしていく。

尾道市が見えてきた。

f:id:takumaroon1226:20181105180129j:image

そして予定より3時間くらい遅く、尾道市到着。完全に日は暮れている。

体はびしょびしょでお腹がすいた僕たちは、名物の尾道ラーメン」のお店へ。

f:id:takumaroon1226:20181105180151j:image

いわゆる醤油ベースの中華そばなのだが、チャーシュー、メンマ、ネギというシンプルなトッピングのみで、机の上にも調味料はない。このシンプルなラーメンへのこだわりが垣間見えた。ひと口スープを飲むと、豚の背油と、醤油ベースのスープの旨味がダブルで押し寄せてきて、かといってしつこくなく、あっさり。平打ち麺も醤油スープにマッチしていて美味しかった。

 

今夜は尾道市のゲストハウスへ。しまなみ海道があるここ尾道市はゲストハウスも充実していて、家主さんもすごく優しい方だった。雨でぬれた自分を見て、洗濯と靴の乾燥までしてくれた。

 

この日で一緒に走ってきた高校生君とはお別れ。明日から彼はしまなみ海道を通って四国を旅するそうだ。大学生になったら、彼も日本縦断をしたいと言っていたので、その時にはまた会おう、という約束もした。心細いひとりでの自転車旅を支えてくれたのは間違いなく彼だった。こういった出会いができたのは本当に自分自身の財産になると思う。

 

次回は、尾道市岡山県岡山市までを綴ります。お楽しみに。

 

 

 

 

 

⑨自転車日本縦断~防府市→広島県広島市~

ザーッ、ザーッ、ビュー、ビュー。

 

激しい雨風の音でこの日の朝は起床した。

幸い屋根付きの駐輪場の下で寝ていたので、荷物も体も濡れていなかった。

時刻はAM5:30だったが、とりあえず建物に入ろうと、出発。

2kmほど先にあるマクドナルドへ向かおうとしたが、その瞬間にパタッと雨が止む。

この日は広島市が目標。140km進む必要がったので、あまりゆっくりしてられない。

やんでいる今のうちに進むしかない、と思いとりあえず進むことに。

 

しかし、不安定な天気だ。再び土砂降りになったかと思えば、またすぐやんだりの繰り返し。なんやかんやでここまで予定通りに順調に来ていたが、この日ばかりは目標を変更して岩国市でやめようと思っていた。

とりあえず、岩国を目標にして進んでいると、目の前に自分と同じように自転車に荷物を積んだ小柄なチャリダーが。

f:id:takumaroon1226:20181027003042j:image

雨でメンタルが弱っていた自分に取って仲間の発見はこの上なく嬉しいことだったので迷わず声をかけました。彼はなんと熊本の高校2年生。夏休みを利用して、1週間でしまなみ海道を目指して1人で自転車旅をしているところで、今日の目標は、私と同じで、広島市だった。

弱冠16歳の少年がこの雨の中、100km先の広島市に1人で向かおうとしている。

 

16歳に負けていいのか!しっかりしろ19歳!

 

少年にそういわれた気がした。偶然にも目的地が一緒だったので、広島まで一緒に行くことに。

自転車乗る人は分かると思うけど、1人と2人じゃ体力の減りが全然違うんですよね。交代交代で前後を交代して、風よけしあう。これだけで全然違うんです。

 

ペースも安定して、次第に天気も良くなってきた所で、広島県に突入。

 

廿日市ではちらっと厳島神社も見えました。

f:id:takumaroon1226:20181027003139j:image

宮島口駅前でひと休憩。

f:id:takumaroon1226:20181027003754j:image

駅前にあった名物もみじ饅頭のお団子を頂きました。

f:id:takumaroon1226:20181027003206j:image

お団子屋さんのお姉さん方がとっても優しくて、自転車で日本縦断中で、基本野宿だということを伝えると、なんと広島市内にあるおススメのゲストハウスを紹介してくれました。

f:id:takumaroon1226:20181027003430j:image

お姉さんたちに感謝と別れを告げて、広島市へ向かう。

 

PM17:00頃、広島市到着。この日はなんの巡り合わせか、終戦記念日

 

平和公園で黙とうを捧げました。

f:id:takumaroon1226:20181027003524j:image

そして、原爆ドーム

f:id:takumaroon1226:20181027003557j:image

生で見るのは初めてでした。地面には飛び散ったがれきや破片が当時にままになっており、教科書やテレビでは感じることのできない生々しさがありました。

 

平和公園前のジェラート屋さんでは、オネエに声をかけられました。

「お兄さんたちすご~い、お尻いたくないの?」

なによりも真っ先にお尻を心配してくれるのは流石だと思いました。オネエはジェラートをご馳走してくれました。

f:id:takumaroon1226:20181027003634j:image

 

夜ごはんは、共にここまで走ってきた少年と名物のお好み焼きを堪能。

f:id:takumaroon1226:20181027003657j:image

2人で食べるご飯は1人で食べるご飯の何倍もうまい。会話したり、美味しさを分かち合うのって、なによりも一番のトッピングだ。

 

紹介していただいたゲストハウスもとても快適だった。

たくさんの出会いがって、たくさんの感謝をした一日だった。

 

次回は、広島市尾道市です。お楽しみに。

 

 

 

 

⑧自転車日本縦断~北九州市→山口県防府市~

ネットカフェを早朝に出て、むかうは関門海峡

 

f:id:takumaroon1226:20181021015556j:image

これが関門海峡。向こうに見えるのが本州。

 

自転車は、橋を渡れないので、地下道を通って海を渡ります。

f:id:takumaroon1226:20181021015646j:image

福岡県と山口県の県境でパシャリ。

国内で海底で歩いて県を跨げるのはここだけです。

グッバイ九州。この境目を越えた時、8日間の九州での旅の記憶がフラッシュバックして、なにかが急にこみ上げてきて泣きそうになりました(笑)

 

そんなこんなで地下道を抜けると、そこは山口県下関市

f:id:takumaroon1226:20181021015717j:image

なにやら大砲が並んでいます。下関戦争で使われた長州砲のレプリカらしいです。

 

「本州入ったし、火山いっぱいある九州みたいに山道はもうないだろ!」

 

九州を縦断し、本州にたどり着いた私は、謎の自信と安心感に満ち溢れていました。

今日の目標である山口県防府市を目指して、国道2号線を進んでいると、、、

f:id:takumaroon1226:20181021015748j:image

あれ???

 

本州にも山あるなんて聞いてないよ???

 

甘かった。天狗になっていた私の鼻はボキボキに折られました。

そりゃそうだ。中国地方なんて日本地図で一目見ただけで山だらけだ。

ボロボロの鼻を付けたまま私はがむしゃらに防府市を目指しました。

 

そしてなんとか防府市に到着。

この日の夕食は、すき家で済まして、防府の魚市場の屋根付き駐輪場で就寝。

海沿いで寝るのって気持ちいいから癖になります。

 

この日は書くこともこれくらいなので、現時点での左腕クンの様子を載せておきます。

f:id:takumaroon1226:20181021015821j:image

うーむ、時計焼けとのコントラストがより鮮やかになったな。

途中から、日焼け止めをさぼっていたら、真っ赤のヒリヒリで地獄です。

真夏の旅を考えている方は、日焼け止め対策を怠らないことを忠告しておきます(笑)

 

次回は防府市広島県広島市までを書く予定です。今回の5倍くらい濃い内容になると思うので乞うご期待。